電話

資料請求

来場予約

コンセプト

進化する都心と 親しみ深い街に 真の邸宅を築く

時代の流れと交差するように美しく変貌を遂げ、ひときわ脚光を浴びる名古屋都心エリア。
リニア中央新幹線誕生を迎え入れるかのように造形豊かな超高層ビル群が摩天楼を形成し、
躍動感に満ちたダイナミックな都心が新たなグローバル時代の到来を描き出す。

名古屋駅を半径約700m圏内に捉えその恩恵を享受するライフステージのキーワードは3つ。
進化する都心と寄り添う…、深化した街に親しむ…、真価を追求した邸宅に暮らす…。

満ち足りた都市の感性に身を委ね、個性あるライフスタイルを実現するレジデンス
「サンクレイドル名古屋」が新たな暮らしの感動を予感させます。

進化

名古屋駅徒歩9

イオンモール徒歩6

進化し続ける名古屋駅周辺が生活の舞台

都心を自在に使いこなせる名駅半径約700m圏の暮らし。
高度に多様化したアクセスネットワークを擁する名古屋駅。
そのランドマークとなるJRセントラルタワーズを中心に、
それぞれのブランド力を発信する多彩な大型複合施設を自在に使いこなせる名古屋駅徒歩圏の立地。
日常からビジネスシーンにいたるまで、都心ならではの価値ある時間を謳歌できます。

さらなる躍進が期待される
名古屋エリア

ノリタケの森に2021年10月27日
イオンモールがグランドオープン

ノリタケの森と調和し緑に包まれた「イオンモール Nagoya Noritake Garden」が徒歩6分(約480m)の場所に完成。
スーパーマーケットをはじめ、カフェやレストラン・医療施設などが入店。毎日の暮らしが飛躍的に便利になります。

2020年1月着工、2021年10月27日グランドオープン※出典:イオンモール株式会社ニュースリリース(2021年8月)より

ターミナルスクエア2 完成予想図

名古屋駅東口 桜通口の再整備

駅前広場が、総合交通結節機能の充実と再編に向けて生まれ変わろうとしています。各鉄道路線の乗り換えターミナルとなる「ターミナルスクエア」を3ヶ所に新設。広場を撤去予定のモニュメント「飛翔」の位置まで広げ、街につながる歩行者空間・乗換空間等の整備が図られます。

2021年に都市計画手続を行う予定で現在進行中(2022年9月時点)。2027年度完成予定。※名古屋市ホームページより

image photo

品川・名古屋間をわずか40分で結ぶ時間革命
2027年 リニア中央新幹線開業(予定)

鉄道史上世界で最も早い時速500kmで東京・名古屋間を運行するリニア中央新幹線の開通が近づきつつあります。移動時間が大幅に短縮され、名古屋圏は今まで以上に首都圏との結びつきが強まり、大きな経済効果が期待されます。

品川・名古屋間で計画施設83箇所のうち、62箇所が工事進行中(2022年9月時点)。
南アルプストンネル静岡工区において、大井川の水資源の影響について、静岡県、流域市町等の理解が得られず、実質的に工事が進捗しない状態が続いており、2027年の開業は難しい状況となっています。※JR東海ホームページより

深化

暮らしやすさが深化する
落ち着いた街

徒歩6分に姿を魅せる都心のオアシス、
世界に名を馳せる「ノリタケ」の自然文化複合施設

美しい造形美に魅了される噴水広場をはじめ、せせらぎやビオトープなど緑豊かな自然と触れ合える「ノリタケの森」。園内にはフレンチベースの創作料理が楽しめるレストランやカフェも。お子さま連れで、リラックスしたひとときが過ごせます。

ノリタケの森(徒歩6分/約480m)

名古屋のグルメを食べ歩き
新旧の味が勢揃いした金シャチ横丁

名古屋城と隣接する形でオープンしたグルメストリート「金シャチ横丁」。名古屋城正門側の「義直ゾーン」には主に定番のなごやめしを提供するお店が、東門側の「宗春ゾーン」には名古屋の新進気鋭のお店が勢揃いしています。

金シャチ横丁(徒歩22分/約1,690m)

昔懐かしい面影を残す賑やかな風景、
個性的な店舗が続々誕生し注目を集める商店街

明治創業の老舗も多く残る「円頓寺商店街・円頓寺本町商店街」。「円頓寺七夕まつり」をはじめ、「金刀比羅神社例大祭」や「円頓寺 秋のパリ祭」、フリーマーケット「ごえん市」など多彩なイベントの開催日には多くの来街者で賑わいを見せます。

円頓寺本町商店街(徒歩3分/約220m)・円頓寺商店街(徒歩8分/約580m)

戦災の被害が少なかった四間道界隈は
土蔵や伝統的な建物が多く残る印象的な街並

堀川沿いに立ち並ぶ土蔵群の壮観な景色が、江戸時代の城下町の風情を偲ばせる「四間道」。名古屋市町並み保存地区に指定されたこのエリアは、近年お洒落なレストランやカフェが続々オープンしたことで多くの若者が集まる人気のエリアとなりました。

四間道レストランMATSUURA(徒歩13分/約980m)

いくつもの保育施設が徒歩圏に点在し、
良好な子育てコミュニティが充実する住環境

名古屋西幼稚園徒歩3分・第三幼稚園徒歩5分・永信保育園徒歩7分※のほか、こと実のり保育園やなごや保育園も徒歩圏となる良好なエリアに立地。小さなお子さまを遊ばせる公園も身近にあり、子育て世代を優しくサポートする近隣環境です。

※1 名古屋西幼稚園(徒歩3分/約190m)、第三幼稚園(徒歩5分/約360m)、永信保育園(徒歩7分/約540m)、
こと実のり保育園(徒歩4分/約300m)、なごや保育園(徒歩9分/約680m)

名古屋西幼稚園(徒歩3分/約190m)

昭和の風情を感じる隠れたスポット、
子どもの頃の感動が蘇る問屋街「新道商店街」

駄菓子や花火など子どもの遊びアイテムがところ狭しと並べられた問屋が集まる新道(しんみち)商店街。小・中学生ばかりでなく、ホームパーティーや夏のバーベキューで楽しむ花火を大量に大人買いしている光景が見られる庶民的な街並です。

新道商店街(徒歩6分/約420m)

真価

全邸向き

角住戸率約66

本質を追求した真価の邸宅。 深いアースカラーとホワイトの鮮明なコントラストで存在感を印象づけるファサードデザイン。
透明感をもたらす2色のガラス手摺と重厚なルーバー手摺をバランス良く配列し空に向かう伸びやかなマリオンで、線と面を意識したスタイリッシュな表情を演出。住まいの顔となるエントランスは、デザイン貼りの優美な磁器質タイルを纏わせて、都心を自由に暮らすオーナーを見守る永住のレジデンスを目指しました。

住まう誇りを高める迎賓空間と安心・快適なランドプラン。

※完成予想図
全邸3LDKプラン。角住戸率約66%を確保した開放的な住まい。(全39戸中26戸)

爽やかな風を誘う3面採光住戸を66%で実現した全邸3LDKのコンパクトレジデンス。セキュリティ性とプライベート性が保たれる1フロア3邸のみの私空間重視設計です。

歩車道分離設計で安全性を確保。さらに防犯カメラにより、暮らしを見守ります。

南北2面接道の敷地形状を活かし、幅員約24mの目抜き通り側にエントランスを構え、駐車場は北側公道へのアクセス確保。歩行者と車両の動線を分離し安全に配慮しています。

敷地内駐車場は車の出し入れがスムーズな全台平面式駐車場を確保。

カーライフをサポートする駐車場は、全台が平面式を採用。車の出し入れがスムーズで時間を取られないため、急いでいる時でもストレスフリーです。

※掲載のイラスト図は設計図を基に描いたもので実際とは異なる場合があります。
※掲載の完成予想CGは図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合、または変更となる場合があります。